おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

【足りない頭に新たな知識】そこまで考えが及ばなかった。

病院や薬局、スーパーで勤務なさっている方々はもちろん、毎日忙しく働いてくれています。
 
これはテレビやネットでの情報からでも明らかです。
 
わたしも医療事務として仕事をしていましたが、正社員ではないし、この騒動の中ですから基礎疾患持ちにはお声が掛かりません(笑)
 
たとえお声がかかったとて、電車に乗って直の危険が待っている場所に働きに行くこと自体が不安で仕方がないでしょう。
 
もともとわたしの手が必要ない状況だっとしても、この状況はわたしにとってはありがたいと言えます。
 
 
 
 
勤めていたクリニックは風通しが悪い立地のせいか現在は暇らしく、ともに働いていた同僚数人が人件費削減の憂き目にあっているそう。
 
忙しくて倒れそうな毎日を送っているのでは?と思っていたら、まさか人員削減されているとは思いませんでした。
 
本当にいろいろな影響が出ているんですね。
 
 
 
 
 
今年は地元に帰ることも含めた転職を考えていました。
 
しかし、感染の恐怖からどうにも行動できないでいます。
 
こうなったら今出来ることをやっておくしかないと切り替えてはおりますが。
 
家が大好きなので、そういう意味では家に居る時間が長くなったことは嬉しいことなのですけどね。
 
 

f:id:natsuohh:20200402104308j:plain

 
 
毎週のようにインスタライブを開催してくれているのが、ゴスペラーズ の酒井さんです。
 
このインスタライブ、直近ではコロナの影響を受けるファンの方々の質問や不安を元に構成されました。
 
わたしは最初、暗い話はイヤだなと思いながら見ていたのです。
 
しかし、どう考えても酒井さんがわざとそういった声をピックアップしているなと思ったころ。
 
酒井さん自ら「今日はみなさんの声から世間の情報を得たい。学びたい」というようなことをおっしゃってくれて、なんて優しく真面目な人なのかと感動で口があんぐりでした。
 
 
 
 
酒井さんのおかげで、考えもしなかった職業の人の声が聞こえてきました。
 
廃棄物処理業や修理業の方からの声です。
 
報道などではピックアップされないけれど、忙しくなっていると。
 
廃棄物処理って、病院などから出る医療廃棄物を扱っている方々も含まれるんですよね。
 
血液や注射針などは危険物ですので、普通のゴミの日に出すことなんてできません。
 
ましてや、現在の新型感染症に使用されたものなんて尚更。
 
医療廃棄物の処理は、しっかり業者さんに連絡をして、高額な処理費用を支払わなければなりません。
 
 
 
 
高額な費用が必要だということは、それだけ危険が伴うということ。
 
そして、それを処理してくれている人たちがいる。
 
医療関係者だったくせに、このことにはまったく気が付きませんでした。
 
この方たちも、最前線で国民を守ってくれている方々に他なりません。
 
医療廃棄物ではなくても、廃棄されるものの中には想像もできないような危険を孕んだものがたくさんあるでしょう。
 
こんな状況じゃなくても、常に危険にさらされていたのですよね。
 
本当に頭が下がります。
 
 
 
 
修理業の方は、家に居ることが多くなって使用する頻度が増えたものが壊れたために修理依頼が増加しているとのこと。
 
ゲーム機などが多いそうですが、こちらもなるほど。
 
逆に仕事が増えて残業になっていると。
 
 
 
 
酒井さんのインスタライブを介して、たくさんのファンの方から知らなかった・考えもしなかったことを学びました。
 
これは非常に貴重な機会でした。
 
知らないということは、ときに新鮮な喜びを与えてくれますが、こういう状況下ではなんとも罪深いような気持ちに。
 
ならば、わたしにできることは、なんだろう。
 
想いを馳せるだけじゃどうにもならないとは思いつつも馳せ、必要以上に出歩かず。
 
そうすれば(単純ながら)ゴミなども少なくできるのだろうか?と考えてみたり。
 
持病の通院も、最低限で。
 
こういうときに命をかけて働いてくれている方々に負担をかけたくありませんものね。
 
マスク2枚をわたしに送ってくださるであろうその費用は、たくさんの最前線で闘っている方々へ。
 
どうか。どうか。