おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

部屋着にも穴があいた。

オーマイガー(*ノωノ)
 
 
ミニマリストに憧れるようになって最も悩ましい問題が部屋着についてです。
 
何度も何度も処分を試みましたが、結局わたしは部屋着を所有しています。
 
 
 
夏用はTシャツとショートパンツ、または半そでワンピース。
 
冬用は夏に着ていた半そでワンピースの下にカットソーとゆるめのレギンス。
 
春と秋はこれらに何かしらの羽織りをON。
 
 
 
実際に着ているとあまり感じませんが、こうして文字にしてみると持ち物が多いですね・・・。
 
 
 
わたしは、外から帰ってきた服のまま家で過ごすのが嫌なので、どうしても部屋着を必要としてしまいます。
 
パジャマとは別にしているので、さらに所有数が多い( ;∀;)
 
 
 
 
洋服は、以前よりも確実に減りました。
 
外出用のデニムはスキニーが多いので、ゆるっと過ごしたい休日には不向きなんですよね。
 
 
 
出掛けるのと同じようなスタイルは やはり何かしらのスイッチが入るので、
 
休日でもちゃんとした1日を過ごせると思います。
 
でも、スキニーデニムで過ごすのは脚が浮腫むので年中はヤダ。
 
ロングスカートも持っているのでそれでも良いのですが、うちは基本的に座イスで冬はこたつのため、
 
立ったり座ったりのときにスカートの裾を踏んづけてビリッとやりかねないからヤダ。
 
 
 
 
部屋着をお洗濯しているときには1本だけ持っている太めジーンズを履くことにしていますが、
 
部屋着システムをなくしてしまうと、もう1本太めジーンズを買ってしまう恐れを拭い切れないため、現在は保留中です。
 
 
 
そんな中、カットソーに穴があきました。
 
もともと今年いっぱいで処分する予定でしたが、それが思ったよりも早く訪れてしまって落胆・・・。
 
 
 
穴があいたついでによくよく見てみると毛玉もたくさん。
 
こんなのをずっと着ていたのかと、さらに落胆。
 
 
 
穴あきランジェリーに学びました。
 
これは捨てねばならぬ。
 
部屋着を失うか、色気を失うかは天秤にかけるべきではない。
 
 
穴あき話・第1弾↓

ohmune-mazime.hatenablog.com

 

 
潔く、部屋着を処分します。穴のあいたカットソーだけね。
 
ランジェリーのときもそうでしたが、これをきっかけにして自分が目指したい女性らしさを考え直したいです。
 
もっとちゃんとしっかりとした意識で
 
部屋着をどうするか問題に向き合っていきたいと思います。ウムッ(。-`ω-)