おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

医療事務は、おすすめできる職業だと思ってはいます。

不純な動機で医療事務になりました。

過去の記事で、恥ずかしげもなく語っています(恥

www.ohmune-mazime.com

 

そして、医療事務の仕事に関してあーだこーだと言っておりますが、わたしは実際、おすすめの職業かもしれない・・・と、思ってはいます。
 
わたしは大きな病院でもクリニックでも働いたことがありますが、仕事面ではどちらにも良い面・悪い面があるので、こればかりは働く人のタイプです。
 
ではなぜ、医療事務になって大ストレスを抱えた経験のあるわたしが医療事務をおすすめできるのかというと、単純にわたしが自分に自信を持てるようになった仕事だからです。
 
大ストレスでおかしくなった過去はコチラ↓
 
************************************
両者の違いを簡単に並べてみると以下です。
 
 
◎病院
入院もできる病院は、たくさんの仕事がたくさんの人に振り分けられています。
 
保険証を確認する人、各診療科での受付(外来クラークといいます)、入院手続きの受付、入院病棟での事務、診療点数を計算する人など。
 
これは患者数も多く、その一つの仕事量が膨大だからです。
 
わたしがやっていたのは外来クラークですが、人気の診療科だったというのもあって非常に忙しくしていました。
 
例えば
  • 患者さんを各ドクターへ振り分ける
  • 次回の予約を取って説明
  • 次回、診察前に検査がある場合は検査をしてくる順番の説明
  • 入院手術時の注意事項の説明
  • 各科や救急から or 各科への電話対応
  • 患者さんからの電話予約対応
  • 何カ月も先の予約患者さんの資料の保管・・・などなど
狭い部屋の中をあっちへこっちへ動き回っていました。
※お会計や保険(レセプト)請求は、また別の部署の仕事になります。
 
 

 

 
 
◎医院・クリニック
 
対してクリニックは、働く人数が限られるのでドクターやナース以外ができる仕事はすべて医療事務に回ってきます。
 
  • 保険証の確認・受付・会計は当たり前
  • 患者さんからの疑問に答える(わからなければ診察の様子を窺いながらドクターに聞く)
  • 診療に関する疑問があれば保険医協会へ電話
  • 医療用のパソコンがおかしくなれば電話
  • とにかく何かわからなければ各所へ電話
  • 使った器具の洗浄・消毒・検査補助
  • その他、お知らせの掲示
など、全部全部全部です。
 
 
 
オンライン診療を取り入れているクリニックでは、それに関する一連の作業を覚えたりしなければいけません。
 
もちろんクリニックによっては受付とお会計のみ担当の人、検査補助担当の人というように業務が分かれているところもあるので何もかもをやりたくない人は、そういうところを選びましょう。
 
 
 
 
一番面倒なのはレセプト返戻時の作業です。(今はオンライン上で行える作業ですが、クリニックによっては医師会まで出向くというところもあるでしょう。)
 
レセプトと言われる診療の明細=診療の内容が書かれたものに間違いがあると、訂正をして再提出しなければいけません。
 
これを放っておくと、その分の報酬がいつまで経っても発生しないということになってしまいますので、レセプトが戻ってきてらすぐに取り掛かるのがいいでしょう。
 
保険証に関するミスだった場合はご本人に連絡を取ったりすることもありますが、だいたい性別や本人・家族などの入力ミスや設定ミスが多いので、早めに終わらせておくと楽です。
 
保険請求の作業は、通常わたし達が1割~3割払っている診療代の残りを国に請求するというものですが、これをやらなければ単純にお給料が出ませんので、月初めに必ずやらなければいけない作業です。
(とにかくクリニックはひとりがやる作業が多いですね)
 
 
************************************
 
 
わたしは性格的に少人数で働けるほうがいいのでクリニック向きではあるのですが、どちらも忙しいことに変わりはありません。
 
特にクリニックで、オールラウンダーみたいな仕事の仕方を推奨しているところでは、使用期間中に辞めてしまう方も多くいました。←前職場との違いにショックを受けたのか、特に医療事務経験者に多かったです・・・
 
だからこそ、すべての業務ができるようになったときに「わたしは無敵」みたいな境地になるのですw
 
 
 
 
わたしは医療事務職に就くまで飲食の接客業しかやってこなかったので、電話対応やパソコンを使った事務作業というものを初めて経験しました。最初はオドオド取っていた電話も、今ではへっちゃらです。
 
医療事務は、会社の事務とは違うのだと思いますが「なんか事務やってるな( ✧Д✧) キラーン」感があって、堂々と医療事務ですと名乗れるようになったときの爽快感がたまらなかった記憶があります。ポジティブバカ
 
テクノロジーが進化した現代では医療事務という仕事も必要なくなってしまう日が来るのかもしれませんが、人の心に寄り添えるのは、やはり人の心だと認識させられる場面は多いです。
 
今に限って言うならば、病院やクリニックというのはどこにでもあるので、経験しておけばどこに行っても働ける職業だと思います。
 
理不尽に文句を言われることにも慣れて、口が達者になりますよw
※個人の感想です。