おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

わたしによるわたしのための手縫いマスク作りと言葉。

数日ブログを放置していたのにはイイワケがありまして。
 
マスクをね、作っていたのです。
 
お肌がよわよわなものですから意を決して。
 
完全ど素人ですが、もう何個作ったことやら。
 
手縫いでね。
 
おかげさまで指の皮が厚くなり、少しくらいなら針を刺してもへっちゃらぴーになりました。
 
 
 
 
作っているのはほぼマスクですが、マスクを作るのが好きというよりは生地が好き。柄を見るのが好きなのだと思います。
 
生地に詳しいわけでもなく、絵に詳しいわけでもなく、絵心や創造力があるわけでもないのですが、とにかく生地や柄に触れている時間が増えました。
 
ブログの滞りはそのせいです。
NHKで紹介されていたタイの女の子、ケシアちゃんのデザインする生地が欲しい。
 
 
 
 
音楽を聴きながら、歌いながら縫っています。
 
歌いたくなるような曲はブログなどの文章を考えようとしているとき絶対に聴きません。
 
流れてくる言葉が脳みそを満たして、言葉が浮かばなくなってしまうからです。
 
でも、お裁縫をしてたら好きなだけ聴ける!!(*`▽´*)ウヒョヒョ 
 
 
 
 
出来上がって特に気に入っているマスクを見ると、自分が派手好きだということがわかります。
 
持っている紙マスクは白ですが、どうせ布マスクを作るなら明るいほうがいい。
 
洋服と同じように自由に。
 
気合の入れたメイクをも隠してしまうマスクでおしゃれを楽しみたい
 
という気持ちの表れでもあるのでしょうかね。
 

f:id:natsuohh:20200427152031j:plain

 
 
 
ただ、一日中マスク作りをしていると個人的な弊害もあります。
 
きっと、夢中になっているというより無心になっているのでしょう。
 
何も考えなくなってしまって、ただでさえ少ない語彙力や言葉を失くしているような気がしているのです。
 
 
 
 
ど素人が、闇雲に作り続けているからかもしれません。
 
ただ作っている。
 
自分のお肌への負担軽減のためではありますが、もう紙マスクには戻れない以前に、今後マスク無しで出歩けるのか?!と思うほど気に入っています。
 
縫っている時間も苦にならない。
 
しかし、ひとつのことをやり出したら他が疎かになる性格なのでブログもSNSも放置状態。
 
読んでいた本も途中で止まっていて、お裁縫の休憩時間にはキャンディークラッシュをしている。←わたしが唯一やるゲーム
 
 
 
 
 
これに気が付いたとて、時すでに遅し。
 
何かを考える心も頭も空っぽになっていて、テレビやネットのニュースに苛立つ回数が増えたように思いました。
 
もしかしたら、わたしには静寂が必要なのかもしれません。
 
 
 
 
お裁縫をするとき、常に何かしらの音の中で縫いまくっていました。
 
手は、型紙から引いた線に沿って動かしているだけなので縫い目や、その間隔など以外は何も考えていなかった。
 
歌いながら・音楽に乗りながら縫うことは、ただ楽しいなと思っていた。
 
テレビなどからの不安に駆られるような情報を耳で受け、それを感情でだけ受け止めて流していた。
 
何かを考え、それをもっと掘り下げられないかと思ってみたり、まとめてみたりする隙間を与えていなかった。
 
 
 
 
一見、言葉との距離を縮めているようで実は距離を置いていたのは、紛れもないわたし自身でした。取る必要のないディスタンス( ;∀;)
 
余計な音を体に入れることを許し過ぎて、脳みその収拾がつかなくなり思考停止した感じです。
 
なんてこった。
 
気付いてよかった。
 
と言いながら、この考え方さえも明日には変わっている可能性がありそうなほどの空っぽな脳みそをまだまだ感じています。
 
 
 
 
マスク作りは今ひとつの楽しみと化しているので少しずつ続けたいなと思ってはいますが、
 
勉強やゲームの時間を区切るのと同じようにお裁縫もちゃんとスケジュール化したほうが、わたしには良さそうです。
 
マスク作りが一段落したら、巾着づくりにも励みたいな。
 
すでに端切れで作った小さな巾着がコチラ。さかさまのおかめ

f:id:natsuohh:20200427152246j:plain