おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

90日・90記事更新を達成。ここは新たな一歩のための記憶箱。

ブログの記事数が90記事を超えました。
 
この90という数字を当面の目標にしていました。
 
なぜこんな中途半端な数字なのかというと答えは単純で、1年の4分の1・ざっくり3ヶ月分の数字だからというだけのことです。
 
自分がブログを継続できるかを試した数字であって、他の理由は特にありません。
 
ブログをやってみようかなと思ったことをちょっと思い返してみると、もともとは潰瘍性大腸炎の経験のことを吹聴したい(←笑)と思ったところから始まっています。
 
自慢とは言えないけれど自分にしかできなかった経験を文字にすることで誰かのための情報や勇気になれることを目標にしながらも、しかし気付くと一度立ち止まって、自分で自分の人生を振り返ってみたかったのかもしれません。
 
 
 
 
振り返った部分(=ブログの記事)は、わたしの人生のほんの一部です。
 
でも改めて、こんなことがあったんだ・こんなことを思っていたなと記憶を呼び覚ますきっかけになりました。
 
このブログは単純に、わたしの人生を書き出すメモ帳のようなものなのでしょう。
 
お芝居を習っていたときの講師に、「メモを取れ。そしたら忘れていい。メモを取ったノートがすべて憶えていてくれる」と言われたことがあります。
 
わたしは、この言葉がきっかけで今まで以上にさらにメモを取るようになりました。
 
それと同時に、書いたことは本当によく忘れるようにもなりましたがw
 
未だに忘れられない、とても好きな言葉です。
 
今、こうして書き出すという行為がいい意味で何もかもを忘れられるような、白紙になって前に一歩踏み出せるような感覚でいます。
 
記憶の整理か断捨離でもしているかのようです。
 
 
 
 
このブログは、いつか消え失せてしまう日が来るかもしれません。
 
むしろわたしは、それを望んでいるようなところさえあります。
 
自分にとって、もっと楽しく幸せな何かが見つかることをいつも探しているからです。
 
90日分・90記事分を続けられた自分を、継続を心掛け達成した自分を少しだけ見直しました。
 
仕事とも言えないし、趣味と言っていい段階にも入っていないであろうブログの更新を、とりあえずは続けられたのですから。
 
趣味的な立ち位置の何かをこんなに継続できたことって、かつてあっただろうか。
 
まだ3ヶ月分とはいえ今までが続かなすぎたので、わたしにとっては長く続けられたカテゴリーに分類されるものになったと思います。
 
 
 
 
これからは少し更新頻度を落としていこうと思いますが、記憶を呼び覚まして、書き出して、忘れて、また新たな記憶が更新されていくことに変わりはありません。
 
意図的だろうと無意識だろうと、いつか消え失せるかもしれない自分の記憶を今はちょっとここに置いて、身軽になって明日に向かいたい気持ちでいます。