おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

【精神的にヤバくなった話】癒しのぬいぐるみと「シールになりたい」という謎の発言。耐えがたいことを断捨離。

大きな病気の泌尿器科で働いたことがあります。
3か月だけw
 
外来クラークという、各診療科の受付の仕事です。
 
 
 
医療事務の資格スクールに通っているときに派遣会社から紹介された病院でした。
 
ここに勤め出して、わたしは初めて
 
《お局様(派遣なのに)》という人を目の当たりにしました。
 
 
 
泌尿器科に所属している事務は、お局・わたし・同期の20代・派遣会社の社員さんです。
 
わたしの医療事務経験の始まりはこの病院なのですが、働いた初日、
 
帰宅した家の玄関で理由もなく涙が溢れて止まりませんでした。
 
 
 
病院からの帰路、言いようのない何かに胸がざわついて、
 
泣くことを抑えられなかったのです。
 
不安なのか、悲しみなのか。
 
とにかく、たぶん闇に飲み込まれるんだろうなという感覚。
 
わたしの帰宅後の涙は、一週間止まりませんでした。
 
 
 
仕事の量は膨大だったのですが、それが嫌だったわけじゃありません。
 
お局様はめちゃめちゃ仕事のできる人で、質問すればちゃんと答えてくれるし、褒めてもくれました。
 
でも、ドクターにはいい顔をして、同じ事務や看護師さんには圧がある。
 
知らないところで新人が処理した作業をこっそり確認している。
 
仕事が忙しくなればなるほど、お局様オンステージの如くパソコンのEnterキーの音がでかい。
 
こっそり確認された間違いを、わざわざ派遣会社の社員さんに指摘させる。
 
社員さんがいないところで社員さんへの暴言を吐く。
 
イライラは、ちょっとずつ積み重なっていきました。
 
 
***************************************
 
 
資格スクールに通う日は、仕事はお休みです。
 
勤め出してから最初にスクールに行った日、
 
講師とクラスのみんなから顔色が悪いと言われて
 
初めてキツい環境なんだということに気が付きました。
 
 
 
 
初日から漠然と辞めたいなと思っていて、
 
母に「ごめんね」と泣きながら電話した日もあります。
 
見かねた母が上京してくれて、気晴らしに一緒に遊びに出掛けました。
 
 

f:id:natsuohh:20191221141842j:plain

最初に来た子。重すぎて顔が埋もれるw
 
 
バスに乗って、景色を楽しみながらゆっくりと。
 
母もお気に入りの文房具屋さんでは、
 
いろんなデザインやキャラクターのノートやレターセットが売っています。
 
そこでたくさんの可愛いシールを見ていたわたしは無意識に
 
「シールになりたい」と一言。
 
母は「はあぁ?!(ಠ益ಠ) 」と言いましたが、
 
わたしも自分自身に「はあぁ?!(ಠ益ಠ) 」でしたw
 
このわたしの発言で母は、本格的にマズイなと実感したことでしょう。
 
 
 
 
次に出掛けた先でわたしは、ネコのぬいぐるみに目を奪われました。
 
普段ぬいぐるみなんて興味ないくせに、どうしてもそのぬいぐるみから離れられなかったのです。
 
「欲しいな・・・でも、いらないか!」と笑顔で母に話しかけると、
 
母は「必要なんじゃない?」と。
 
いい歳をしたわたしに、そのぬいぐるみを買ってくれたのです。
 
 

f:id:natsuohh:20191221141912j:plain

好きすぎて2匹になった可愛いおしり。左のチビはすでにブログデビュー済み。
 
デビュー作はコチラ↓ 
 
 
いやぁ、嬉しすぎて久々にぬいぐるみに名前をつけましたねw
 
今もわたしの癒しになっている双子のネコちゃんユーチューバーから名前を拝借。
 
まるでネコを飼っているかのように、家では常に自分のそばに置いていました。
 
ときには全力で抱きしめて、全力で飼い主気分になって。
 
 
 ***************************************
 
 
この子がいなければ、当時のわたしの心は完全に廃人だったと思います。
 
働き始めてから3か月後、同期の女の子と一緒にこの病院を辞めました。
 
一緒に働いて、悩みにも親身になってくれた派遣会社の社員さんには本当に申し訳なった。
 
社員さんだってストレスで舌がただれるほどだったのに。
 
 
 
 
何かが変わるかどうかはわからないけど、
 
言うべきことはちゃんと派遣会社の偉い人に訴えました。
 
わたしも同期の子も、一緒に配属されていた社員さんも、
 
それぞれを信頼しながら仕事をしていたけど、心は限界。
 
不毛でしかないと感じていた環境を断捨離できて、本当にすっきりしました。
 
辞めたあとスクールに行ったら顔色が良すぎると言われたので、当時の精神は相当弱っていたのでしょうw
 
 
 
 
その後、お局様も辞めたそうです。
 
噂によれば、なんらかの悪事が発覚したからだそうですが、真相はわかりません。
 
 
 
確実なのは、それぞれに平穏が戻ったということ。
 
でも、それが何より幸せでした。
 
  
 
 
 
癒しをありがとう。うちの子の名は『ぎゅも』ちゃん。

f:id:natsuohh:20191221141951j:plain

おおぎゅも と こぎゅも