おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

【潰瘍性大腸炎の治療②】悪化する一方なので食事に気を付てみる。《前編》

 治療の始まりはコチラ↓

ohmune-mazime.hatenablog.com

 

 

アサコールを飲み始めても、
 
良くなるどころか どんどん悪くなっていっているような気はしましたが、
 
とりあえず「こ・・・これはきっと、いわゆる好転反応ってやつだヨ」
 
とポジティブ風に過ごしていました。
 
 
 
 
飲み薬だけでは良くならないのならば、
 
改善すべきは食事なのではないか!と。
 
お肉やチーズ、ジャンクフードや甘いもの、スナック菓子が大好きなわたしは、
 
意を決して・・・意を決して(一大決心なので2回言う)
 
食生活をちょっとだけ改善してみようと思いました。
 
 
 
 
 
クリニックの先生にも、
 
ストレス・睡眠・食事には気を付けるようにと未だに言われるくらいですから、
 
できることはしておくべきですね。特に始まりのころは。
 
 
 
先生にも言われたことをネットでも掘り下げ、なんとなくわかったことは
 
①炭水化物をしっかりと摂る
OK:白米・もち・うどん・食パンなど 
NG:玄米・ラーメン・パスタ・そば・菓子パンなど
②脂っぽいものや辛いもの、油は禁止
OK:鶏肉(ささみやムネ)・ヒレ肉 
NG:バラ肉・加工肉・バター・マヨ・オイルドレッシング・天ぷら・唐揚げ
③乳製品は人によるため微妙
OK:プロセスチーズ 
NG:その他のチーズ
④お酒や砂糖たっぷりの甘い甘いジュース、カフェイン、洋菓子ダメ
OK:麦茶・ほうじ茶・紅茶・ココア・食べるなら和菓子
⑤野菜もヤバめのやつあるよ
 
ということです。
 
 
 
 
制限多すぎっ!!マックのポテトを埋もれるほど食べたい( ;∀;)
 
と、思いました。
 
 
 
思いましたし、ここだけの話、確定診断を受けたあとに
 
「飲み薬で治るぜチョロいぜ~...((((*ФωФ)ノ ♪」みたいな感じで
 
マックのてりやきバーガーセットを食べましたからね。
 
 
 
 
もうね、潰瘍性大腸炎と診断された人・・・ホントやめてくださいね、
 
こういうことマジで。
 
ホント、痛い目見るからね!!←説得力皆無www
 
 
 
 
 
話が脱線しましたが、
 
要は、エネルギーをしっかり摂って低残渣にしましょうってことです。
 
ね、またわたしは漢字が読めなかったですけども。
 
 
 
 
残渣(ざんさ)が食物繊維を意味しています。
 
低残渣とはつまり、食物繊維にも気を付けましょーってことです。
 
 
 
 
食物繊維と言えばお通じの、いわゆるウンコの通りが
 
良くなるわけじゃないですか。
 
ダイエットに良い!とかさんざん言われているので、
 
わたしもさんざん取り入れてきました。
 
 
 
 
通りが良くなるならいいべさ!と思っていたのですが、
 
食物繊維には水溶性と不溶性っていうのがあるらしく(初めて知りました)
 
体調が悪いときには特に不溶性は避けたほうがいい、とのこと。
 
 
 
 
不溶性には、ゴボウやれんこん、もやし、ニラ、きのこ、たけのこ、海藻。
 
フルーツならパイナップルや柿、梨などが該当します。
 
なんとなく・・・食感的にスジっぽい?感じ?w
 
胃や腸を傷付けやすいものを避けましょうということです、たぶん。
 
 
 
 
ですから、大腸が絶賛炎症中だよーって方は、
 
水溶性食物繊維を意識して摂りましょう。
 
根菜でも、にんじんやじゃがいも、カボチャはOKです。
 
皮はむくこと!
 
あとは基本的に葉物野菜と、こちらも皮をむいたリンゴ、桃、バナナ、
 
パイナップル以外の缶詰フルーツですね!
 
わたしは今でも、桃の缶詰は常備してあります。
 
 
 
 
で、面倒なのがタンパク質。
 
なんだか脱線して話が長引いたので次回に続きます。
 
 
 
《参考元:Enjoy Food編 Chapter 2 調子が悪い時の食材選びのポイント
|BelieveUCan-潰瘍性大腸炎を知るための情報サイト|持田製薬http://www.mochida.co.jp/believeucan/enjoyfood/01.html
 
 

 

f:id:natsuohh:20191127223351j:plain