おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

【潰瘍性大腸炎】わたしの簡単な体調管理。元気なとき・体調を崩したときの体重は?体重という目安に頼ろう。

実家へ帰るにあたって、毎回恐怖していることがあります。
 
それは、太ることです。
 
実家あるあるかもしれませんが、毎食の量が多いのです。
 
うちの実家はお米ではなく、おかずの品数が多い。
 
ありがたいんです。でもね、そんなにいらないよと。
 
何度言っても次から次へと何かしら出てきます。
 
 
 
わたしは朝ご飯に、お味噌汁くらいしか食べません。
 
お味噌汁だけでいいよと言っているのに目玉焼きかゆで卵と、おひたし系は必ず出てきます。下手すればデザートとしてリンゴ丸ごと出てくることも。
 
もう言うのも面倒なので食べちゃいますが、これがのちに体調的にマズイことになるのです。
 
 
 

 

 
 
潰瘍性大腸炎になってから、たくさんのネット情報を躍起になって探していたことがありました。
 
それぞれの自己管理方法があるんですよね。
 
食事については、みなさん当たり前に気にすることでしょう。
 
寛解中なら筋トレをすることや、あまり太らないようにすることが大切と書いている方もいらっしゃったように思います。
 
わたしはこれに感銘を受け、体重を気にするようになりました。
 
同じ体重でも筋肉がついてるか脂肪がついてるかで見た目が変わってくることは承知ですが、あくまで筋肉だらけでもなく脂肪だらけでもない普通体型のわたしに合った管理方法です。
 
 
 
 
わたしが潰瘍性大腸炎を発症する前、ストレスはもちろんありましたがダイエットをしようとしてタンパク質多めの食事に偏らせていたことがありました。
 
しかし、これで痩せる!と思い込んでいた食事でなぜかどんどん太っていき、結局は味付けや偏りのある食材に更なるストレスと飽きを感じて断念した記憶があります。
 
発症直前、わたしの体重は人生最重量を記録していました。
 
その後の発症で栄養が体外に全部排出されたため激やせ。
 
退院後、入院生活の反動と薬の副作用で体重が激増し、最も重かったころに戻りかけます。
 
かろうじて体重が戻ることはなかったのですが、それから今まで体調を崩すときは決まって、体重的に太ったときと重なるようになったのです。
 
 
 
 
年末年始の帰省から戻った現在、体重を計ってみると恐ろしいことになっていて、それがなかなか戻らないでいます。
 
わたしの身長は約160㎝ですが自分が感じる適正体重は50kg前後で、重くてもせいぜい52kgくらいまでが快適です。
 
これくらいが動きやすいし、動いていても疲れません。
 
53㎏に乗ると、途端に疲れやすくなってしまいます。
 
 
 
 
ですが現在、身長から換算された標準体重さえも大幅にオーバー中。
 
今のところ体調不良には見舞われていませんし、筋肉質な体質なのか見た目はそこまで体重があるようには見えません。
 
しかし、やる気がありません。←もともとw
 
せっかく自分の傾向をわかっているのだから、自己管理を怠り続けるとまたとんでもない体調不良に見舞われるような気がします。
 
 
今回の帰省での体重増加は単純に食べ過ぎ(&運動不足)のせいですが、この食べ過ぎの発生源が異常なまでのストレスだったら、わたしはたぶんお尻から血を出していることでしょう。
 
 

 

 

f:id:natsuohh:20191127223351j:plain