おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

片親は可哀想?いいえ、いないことが普通なので不自由なく幸せです。

わたしの両親は、わたしが生まれてすぐに離婚しています。
 
母の実家で、母と母方の祖父母に育てられました。
 
 
 
子どもの頃は大人になった今よりも
 
「うちのお父さんが(orお母さんが)なんちゃら」
 
みたいな話をする機会が多かったように思います。
 
 
 
わたしは小学4年生くらいまで父に会ったことがありません。
 
だから、父のことを聞かれても答えることがないので、
 
なんの気なしに「うち離婚してるんだ~( ○´∇`)σ" 」と言っていました。
 
 
 
すると、たいてい友達から言われていたのは「ごめんね」という言葉。
 
わたしには、謝られる意味がわかりませんでした。
 
 
 
 
なぜなら、
 
父親の必要性を感じていなかったからwww
 
 
 
 
 
わたしには、母と祖父と祖母がいたので、それで十分楽しかったのです。
 
もっと言えば、月に1度は父方の祖父母にも会っていました。←父不在w
 
 

 

 
だから父親がいないという寂しさは感じたことはないし、
 
ドラマなんかでもよくある
 
「どうしてわたしにはお父さんが
いないのぉん(ノД`)・゜・。」というセリフは、
 
吐いたことも思ったこともありません。
 
 
 
 
親というか、家族からの愛情はちゃんと受けていたし、思い出もたくさんあります。
 
父親という存在なんてなくても、他の家族からの愛情だけで子は育つのです。
 
 
 
 
お父さんがいなくて寂しい思いをしている子もいれば、そうじゃない子もいる。
 
「ごめんね」と言ってくれた子たちは、本当に優しいなと今さらながらに思います。
 
 
 
 
「わたしは本当に、お父さんのことをこれっぽっちも気にしていないから
 
マジで気にしないでね。」と言えばよかった。
 
 
 
家で母に
 
「今日、かくかくしかじかで〇〇ちゃんに謝られたんだ。意味プゥだよ~」
 
とか言ってないで。
 
 
 
 
こちらこそ気を遣わせてごめんね。
 
父のことは本当の本当に
 
なんとも思ってな  ←しつこいw
 
 
 
 
※これは、わたし個人の話であって、決して世のお父さんたちを否定しているのではありません(笑)