おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

バスケットボールは、お好きですか?【秋田ノーザンハピネッツ…のブースター】を紹介させてほしい

バスケットボールを観戦するのが好きです。
 
主に男子プロバスケットボールBリーグを観に行っています。
 
経験者でもないので細かいルールとかはわかってないんですが、
 
単純にスラムダンク世代ということもあって、
 
点を取り合うスピードの速さは観ていてとても楽しいです。
 
 
 
わたしの推しチームは、Bリーグで唯一ピンクをチームカラーとしている
 
【秋田ノーザンハピネッツ】(2019年時点)。
 
bjリーグ時代からのブースター(=ファン)です。
 
秋田ノーザンハピネッツのブースターは、略してハピブー。
 
 
Bリーグが発足する前の男子バスケットボールは『NBL』といわれる企業が運営するチームが主体になっているリーグと、
『bjリーグ』という地域密着型のチームが主体となっているリーグに分かれてました。
秋田ノーザンハピネッツが属していたのは後者のbjリーグで、地域密着型。今や県民球団と言われるほどの人気です。
 
 
 
秋田県はバスケットが有名な地域なので、目が肥えた人が多くいます。
 
ときには審判団より早くファールを指摘する声があちこちから聞こえてくるほど(笑)
 
ブースターが多く、ホームでの人気はもちろん、
 
アウェイにも数多くの人が駆けつけることで有名です。
 
ハピネッツのブースターは【クレイジーピンク】とも呼ばれており、
 
恥ずかしげもなく惜しむことなくチームカラーを身に着け、
 
恥ずかしがり屋のイメージがある東北人らしからぬ大声援を送ります。
 
 
 
特にホームの試合では360度がピンクに染まり、シュートが決まった瞬間はもちろんのこと、
 
選手たちのディフェンスに大いに盛り上がるというクレイジーさ。
 
 

f:id:natsuohh:20191225101709j:plain

 
 
バスケットの要はシュート(特にダンク)だと思っていたので、
 
ディフェンスを観ていて盛り上がる自分になるなんて
 
想像できませんでしたwww
 
 
 
 
地域密着の球団として始まったハピネッツのホーム会場は、
 
ホームチームのハピネッツ選手の入場時だけでなく、
 
アウェイチームの選手が入場するときにもペンライトで彩られます。
 
アウェイチームのチームカラーに染めて「秋田まで来てくれてありがとう!ようこそ!」という
 
おもてなしと尊敬の気持ちの表われです。
 
もちろんハピネッツ選手の入場は真っピンク。
 
色が変わるペンライトを持っているブースターが多いので、
 
クリスマスソングが流れようものなら各々が自然に赤と緑に会場を染め上げるという調教のされようですw
 
 

f:id:natsuohh:20191225101726j:plain

 
 
好きな選手の写真を撮ったり、ブースター同士が交流したり、
 
アリーナグルメを楽しんだり、チアダンスチームによだれを垂らしたり
 
試合以外では敵味方問わず、ただただバスケットボールが好きな人たちです。
 
 
 
 
ハピネッツのことだけを書いてしまっていますが、
 
これはどこのチームもそれぞれの特色があります。
 
チームの戦略やブースターの応援には個性が光っていて、
 
アウェイに参戦するのも楽しみのひとつですよ。
 
 

f:id:natsuohh:20191225101757j:plain

 
 
スポーツチームなら当たり前ですが、ハピネッツもこれまで、
 
さまざまな選手が入れ替わってきました。
 
それは技術の高さや人気に関係なく、
 
球団の戦略や方向性に彼らが合致するか否か。
 
 
 
 
これまでチームのために、
 
秋田のために戦ってきてくれた選手との別れはつらいものです。
 
しかし、遠くのチームに行ってしまっても、
 
ハピネッツの敵になってしまっても
 
ハピネッツ戦士だったことに変わりはありません。
 
ハピネッツのために1点を重ねてくれた選手たちにエールを送りたい。
 
今でも大好きだよ、がんばれ!という気持ちを応援の声として届けたい。
 
 
 
 
そして、今現在ハピネッツの戦士として戦ってくれている選手たちを
 
他のどのチームよりも大きな声で支えたい。
 
今年は、秋田ノーザンハピネッツも10周年。
 
新たな戦力が田舎の秋田へやってきて、チームを支えようとしてくれています。
 
契約を継続して秋田に残ってくれた選手も多くて本当にありがたい。
 
 
 
 
 
こんな風に思わせてくれて、
 
日々を楽しみ(ときどき怒りor呆れwww)で彩ってくれた県民球団・秋田ノーザンハピネッツに
 
とても感謝しています。
 
 

f:id:natsuohh:20191225101742j:plain

 
 
だから。
 
今できることを精一杯ぶつけてほしい。
 
現地で・画面の前で・心で
 
わたしたちブースターが応援しているから。
 
今日も。これからも。
 
迷わず。