おおむね、まじめです。

落ち込むな!生きよう。

【わたしが断捨離できないものたち】SMAPを録り溜めたディスクには思い出と、あの曲のハーモニーがあった。

雑誌の切り抜きなどはじゃんじゃか捨てましたが、コンサートグッズはどうしたらよいか悩みに悩んでいます。
 
と言いながら、きっちりと保管しているんですけど。
 
それについては一旦忘れることにして、SMAP関連を録画したディスクを整理しようと思い立ちました。
 
 
 
 
番組として多いのは、やはりSMAP×SMAPです。
 
目に留まると観ちゃうよね、腰を据えて。
 
『古畑拓三郎』が大好きで、ビデオでも擦り切れるほど見ていたと思います。
 
本家は「ふるはた」ですが、拓三郎ver.は「ふるはたけ」と読みます。
 
時代はDVDに変わり、さらにブルーレイに変わったので、その度に初期のスマスマだけはダビングを繰り返してきました。
 
 
 
 
何はともあれ『拓三郎』だけは・・・と思いながら何年か前にダビングしていたブルーレイディスクを観ると、画質が粗い!!
 
・・・いや、その前にディスク自体が劣化して半分モザイク状態になっているではありませんか!
 
金輪際『拓三郎』を観られなくなってしまうことに恐怖したわたしは、急いで新しいブルーレイディスクにダビングし直すことにしました。
 
ディスクがというより映像自体が危うくなっている部分もあったにせよ、初期スマスマの消滅だけはなんとか回避。
 
飛ばし飛ばし『拓三郎』を観ていると、衝撃映像が目に映ったのです。
 
 
 ***************************************
 
 
突然ですが、現在わたくしは、空前のゴスペラーズブームを迎えております。
 
あの、ゴスペラーズです。
 
サングラス🕶
 
『♪愛してる~ウ~♪』のゴスペラーズです。←『ひとり』という曲のはじまりですね
 
 
 
 
拓三郎バージョンでは例の本家のテーマ曲を使ったエンディングで、さまざまな笑いの工夫を凝らしていました。
 
わたしが最も記憶に残っていたのは、【サーカス】という男女のスーパーコーラスグループがビリヤード台の中からテーマ曲を歌いながら登場する回。
 
歌がうまいというか美しすぎるハーモニーに、普通に感動していた小学生時代。
 
この放送は、森くんのラストスマスマの回でもあったので鮮やかな記憶として残っています。
 
草泉がコーラスを真似るおふざけも大好きです。
 
次いで社交ダンス。拓三郎さんと踊れる女性いいな~と、羨望の眼差しで観ていました。
 
 
 
 
 
懐かしいなと思いながら拓三郎を中心に観続けていると・・・
 
およ??!(・∀・)
 

f:id:natsuohh:20200304110712j:plain

 ご・・・ゴスペラー・・・ズ?
 
出てたの?(;・∀・)
 
 
 
 
お若いですね。って当たり前ですよね、スマスマの始まりは1996年ですもの。
 
サングラスでおなじみのリーダーがサングラスをかけていないくらい若いです。
 
ベースボーカルの北山さんが黒ぶち眼鏡をかけているから一瞬だけ誰かわかりませんでした。
 
さらに、透き通るような歌声の持ち主である酒井さんがさらっさらヘアで「マジで誰!?」と本気で言ってしまう始末。
 
黒沢さん・安岡さんに関しては即認識。
 
 
 
男性だらけで熱唱しているものだから、今観ても声の圧がすごかったです。
 
さすがだなと思っていたら、拓三郎さんが気になってしまったのは指揮者の方。
 
靴を忘れて靴下のまま指揮していたことに話題を取られ、見事にオチをかっさらわれるゴスペラーズを観ることができました(笑)
 
そんなわけで自分にとって案外貴重な映像を保持していたので、SMAP関連のブルーレイは今のところ処分対象には入れることができないでいます。